自己破産

任意売却と競売の競落値の差額を知った


Pocket

ザックリした金額で書きますと任意売却で約800万円で売りに出されていました。


スポンサーリンク

競売に出された金額は約500万円で、競落された金額は約700万円でした。任意売却と競売で競落された差額は約100万円でした。

任意売却でも競売でも大差がないと感じました

インターネットで任意売却の方が高く売れるから、絶対に競売しない方がいいと言う情報をよく見かけます。

 

僕は自己破産したので、そもそも任意売却とか競売とか選ぶ権利はありませんでした。

 

すべて破産管財人弁護士が任意売却しました。

 

任意売却して売れませんでしたので、競売されました。

 

僕はただただ破産管財人弁護士の指示に従う以外ありませんでした。

 

競売にかけられて無事に競落されました。

 

個人ではなく法人に競落されました。僕としては約100万円の差額だったので、任意売却するなら、1000万円、2000万円くらいの物件価格の値段がついているものなら、任意売却がいいと感じます。


スポンサーリンク

 

僕みたいに1000万円以下の物件価格なら、任意売却でも競売でも大差がないと感じました。

落札してくれた法人の方が滞納している管理費も買取してくれたら、いいのですが

実際に約100万円の差額でしたので、僕としてはとりあえず売れてくれてよかったと感じています。

 

早く売れてくれないと滞納しているマンション管理費、固定資産税が新たに発生してしまうので、早く競落されてよかったと感じています。

 

個人的には任意売却で売れて欲しかった気持ちはあります。

 

任意売却で売れたら滞納している税金に少し還付されるからです。

 

滞納している税金は100万円くらいです。滞納している税金をどのようにして支払うかは今後の課題となります。

 

とりあえず、自己破産終わってよかったです。

 

持ち家が売れてよかったです。

 

あとは、落札してくれた法人の方が滞納している管理費も買取してくれたら、いいのですが・・・。はたしてどうなるか・・・。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー