自己破産

自己破産終わって、なんだか毎日が虚しい日々


Pocket

自己破産が終わって、なんだか毎日、虚しい日々を過ごしています。うつ病、アスペルガー症候群により、


スポンサーリンク

ただいま障害年金を受給しております。毎日、起きるのが、億劫です。毎日、生きるのが億劫です。

すべての霧が晴れるかと思いましたが、現状、何も変わっていない

毎日、食事するのが億劫です。お風呂に入るのが億劫です。何をするにしても億劫です。

やる気がでないと言うか、なんか魂が抜けたような感じです。

 

ゲーミングノートパソコン一式、ニンテンドースイッチ一式、売り払ってゲーミングから完全に引退しました。

なんだか眼が重たいような、心身が重たいような、ズーンと心が沈んでおります。

 

自己破産が終わったら、すべての霧が晴れるかと思いましたが、現状、何も変わっていないです。

 

ただ、自己破産が開始してから、終わってから、弁護士とのやり取りはなくなり、金融機関とのやり取りはなくなり、裁判所とのやり取りもなくなり、完全に何もかも終わりを告げました。

40代にして人生の迷子になっている

借金を背負っている時より、肩の荷は下りたような気はします。


スポンサーリンク

気持ちは、いつも、あせっていましたが、自己破産が終わってから、多少ですが、あせりは、マシになったような気はします。

 

お金の悩みは本当にツラかったです。

っといっても、自己破産で消えていないお金はあります。

 

税金の約100万円は、まだ消えていないですから・・・。

そういった意味では、完済したい気持ちはあります。

 

ですが、障害年金だけでは、すぐに返済できる額では到底ありません。

国民健康保険のお金も支払わないといけませんし、今は借家ですから、家賃も支払わないといけませんし、水道光熱費の支払いもありますし、障害年金が振り込まれても、貯金できずに請求で消えていきます。

 

将来、貯蓄がないまま、40代、50代、60代と時を過ごしていくのかと思うと、生きている意味っていったいなんだろうって感じで、40代にして人生の迷子になっております。

今はとりあえず、できることをコツコツとしていくしかないのなかという感じでです。

 

うつ病、アスペルガー症候群、精神内科の薬によって早く治ってほしいです。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー