うつ病

孤独死、孤立死しても悔いはないかなと


Pocket

以前、自己破産しました。生活保護を受けていました。その後、障害年金が受給されるようになったので生活保護が廃止になりました。


スポンサーリンク

生活保護から障害年金になってから、ケースワーカーの訪問がなくなりました。

孤独死、孤立死していまっても、仕方ないと思っています

人との接触頻度が余計に少なくなりました。

うつ病、アスペルガー症候群で労務不能と精神内科の担当医から診断されてから、働いていません。

 

毎日、いつ死んでも仕方ないみたいな、うつ病に悩まされています。

このままだったら、孤独死、孤立死してしまっても仕方ないのかもしれないと思っています。

 

未婚、独身、恋人なし、友達いないので、誰も葬儀してくれず、お墓も作ってくれず、骨はそのまま土にかえって行くのであろうと思います。

ぼくの存在なんて、ちっぽけなものなので、孤独死、孤立死していまっても、仕方ないと思っていますし、思い残すことはありませんし、特に悔いはありません。

人と会うのは、精神内科の先生だけ

生きていること自体が虚しい・・・。そんな考えです。

日々、時間だけが過ぎていく感じです。日々、死に確実に近づいているのを待っているだけの日々です。


スポンサーリンク

 

孤独死、孤立死ってなんだかさみしいイメージありますけど、自分の生き方が、そもそも、何も社会貢献していませんし、何もしていませんし、ただ、うつ病、アスペルガー症候群に悩まされて、ビクビクしているだけの人間なので、いつ死んでもおかしくないですし、孤独死が怖いとか孤立死が怖いという意識が壊れています。

 

特に、人間と関わりを持ちたいと思わないですし、一人の時間が圧倒的に多いですけど、それは、それで、運命なのかなと感じています。

人と会うのは、精神内科の先生だけです。しかも、たった数分だけ。それ以外、声を発することはありません。

人間界にいることにこだわる必要もないのかな

食べ物を買いにレジに並んで、レシートいりますか?

の回答に、いいえ!

と答えるだけなので、人との会話は、ほぼ皆無に等しいでしょう。

 

1000万円以上の借金を背負いうつ病になってしまい、自己破産してしまい、持ち家が競売になってしまい、何もかもなくなってしまいました。

自分もいつか自己破産のように壊れてしまうのであろうと思います。

 

そういった意味で、孤独死、孤立死に対して、特に、こうやっておけば、よかった、あれもやりたかった、これもやりたかったということが、特にありません。

だから、いつ孤独死、孤立死してしまっても悔いはありません。

 

孤独死、孤立死したら、したで、別の世界に魂が移動するだけなので、わざわざ人間界にいることにこだわる必要もないのかなと・・・。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー