一人暮らし自炊の写真

十六穀ごはん、わかめみそ汁、男の夕ご飯


炊飯器でご飯を炊く時に、白米2合、十六穀少々、胚芽米1合を組み合わせて、炊いています。血液検査で血糖値が高かったので、出来るだけ健康体を意識してレトルト食品中心の食事から卒業しようと考えています。

スポンサーリンク
今回の夕ご飯は、あまり食欲がなかったので、十六穀ごはんと、わかめみそ汁を食べることにしました。

 

 

十六穀ごはんは、3合分作りました。残りは、タッパーに入れて、冷蔵保存しています。冷蔵保存していた十六穀ごはん入りタッパーを取り出して、茶碗に入れました。

 

 

業務用スーパーで買った白すりごま、黒すりごまを十六穀ごはんにかけました。

 

 

十六穀ごはんに、白すりごま、黒すりごまを半分ずつ、振りかけました。みそに、水で戻したわかめを加えました。市販で売っていた静岡茶です。

 

スポンサーリンク

 

十六穀ごはんに、白すりごま、黒すりごまを半分ずつ、振りかけました。

 

 

水で戻した乾燥わかめを、みそに加えて、熱湯を注ぎました。

 

 

市販で売っていた、静岡茶です。

 

 

食欲がなかったので、これくらいなら、食べれるだろうと言う感じで、スッキリいただきました。一人暮らしだと、下ごしらえが面倒になってしまい、手間を惜しんでしまいます。誰かの為に、作るなら、手間暇を惜しまず作る事ができますが、自分の為の食事だと、手間も暇も惜しんでしまうようになってしまいます。

 

とりあえず、食事して、とりあえず、お風呂に入って、とりあえず、寝れたら、それでいいみたいな感じの生活です。借り入れ残高が14,000,000円で返済が滞納しているので、落ち着いて、食事を楽しもうとできないのが、美味しい食事を作ろうとできない原因の一つかも知れません。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。